2008/06/13

【転載】速報:奈良県警郡山署に勾留されていたTさん釈放!

6月4日朝に逮捕された大阪のTさんが、13日午後2時過ぎに釈放されたとのこと。
奈良県警郡山署はサミット不当弾圧を謝罪しろ。

Tさん、黒色救援会の皆さん、お疲れさまでした。

付記:拘留の更なる延長は免れて釈放されたが、安心することは出来ないだろう。被逮捕者本人の話によれば、調べは威丈高なものであり、「反G8に関係ないはずはない」と怒鳴り散らす態のものである。自由労働者連合の野宿者運動そのものへの攻撃であると同時に、明らかに反G8潮流の情報調査の第1弾として執行された弾圧という側面は否めない。現に大阪における第2次へと波及しているという情報も聞こえてくる。そういう意味で、第1拘での釈放は第一弾情報収集は完了してのパイという側面があるように思われる。私たちは何も悪いことはしていないのであり、それゆえ必要以上に恐れる必要はない。しかし、権力は「常識」の範囲で行使されるものではない。だからこそ、浮かれることなく対峙する必要があるのではないだろうか。つまりネオ・リベラリズムの野放図のな権力と対峙しているということを忘れるべきではないだろう。追って正式な報告が掲載されるであろう。(付記に関して文責M)

http://media.sanpal.co.jp/no-g8/?q=ja/node/151

No comments:

Post a Comment