2008/06/12

【転載】 同志Tに対する不当弾圧弾劾!仲間をかえせ!!

2008年6月4日、朝、野宿者解放活動家・同志Tが「免状不実記載」で逮捕され、家宅捜索を受けた。PC類、携帯、レジュメ、ビラ、履歴書等14点が押収された。「普通自動車免許証」を実家のまま記載していただけで逮捕・家宅捜索とはあからさまな不当逮捕に他ならない。

これは大阪で行われる6月14日、15日(転載注:実際には6月13日、14日)のサミット財務大臣会議と洞爺湖サミットをにらんだ事前不当弾圧だ。彼はいま身柄は奈良県郡山署に拘留され、5日の昼に送検するという周到さだ。だいたい免許証が実家のまま記載している人々など何百万人といる。「免状不実記載」で逮捕・拘束すること自体、不当極まりない。

同志Tは、「支援団体」が充実した新中産階級の高級マンションが林立する大阪市内で活動することを止め、あえて、大阪市周辺部や河内地方などの疲弊した下層労働者街・旧市街をくまなく回り、テントを張れず支援もなく不可視化されて路上を彷徨う野宿者に寄り添い、ともに働き、町工場で低賃金で働く外国人労働者と接するなど、丁寧で根気の要る活動現場で孤軍奮闘してきた根っからの労働者革命家だ。また、そういう彼の謙虚な人柄や活動スタイルに共感する海外のアナキスト活動家は数多い。

我々は彼が築いてきた運動に対するこのあからさまな運動つぶしに対して断固抗議する!
警告する!警察は即刻、同志Tを釈放しろ!

2008年6月6日 黒色救援会

同志Tの早期奪還の為に緊急ですが救援カンパを要請します。

下記、宛先まで現金書留郵便でよろしくお願いします。

また、激励のお便りもお待ちしています。


大阪市北区中崎町3-3-1-401号室

自由労働者連合気付

黒色救援会


Anarchist Black Cross in OSAKA からのカンパ要請

=============================

反弾圧救援活動へのカンパを要請します。

弁護士費用等、資金が必要となります。是非協力ください。

郵便振替番号:00200-5-38572

名義:S-16 気付 黒色救援会

Email: abc-j@sanpal.co.jp

番号さえ間違えなければ、名義はS-16のみでも可能です。

=============================

No comments:

Post a Comment